北海道 十勝・芽室町の牧場-オークリーフ ブログ

oakblog.exblog.jp

2012年 10月 24日 ( 1 )

巻き巻きの正体は!

秋風の続くここ数日。

街中を車で走っていると、街路樹が綺麗に赤く色づいているのを感じます。



oakleaf周辺の景色もすっかり秋色に。
a0164408_14443012.jpg

a0164408_14453146.jpg


周りの畑作農家の方は、ビート(砂糖大根)を掘りあげたり、

長芋のつるを落として、掘る準備をし始めていたり、

収穫作業も終盤に入ってきました。



この夏の気温の蓄積で、収穫量もまずまず。。と言った所でしょうか。










前々回のUPで、ロールベーラーが巻き巻きに出かけたもの。


小豆を収穫した後のカラだったのです。

a0164408_14551930.jpg

a0164408_1456330.jpg


見た目には、麦稈ロールと何ら変わらないのですが、

麦稈ロールはこちら↓
a0164408_14582019.jpg


ロールネットの奥にある物体(笑)が、違うのがわかりますか??








小豆がらをロールベーラーで巻くようになって、今年で2年目。


これからの季節、気温が上がらない為に、牛たちの寝床(敷わら)もベタベタになりがち。


かといって、敷わらを無限大に使って、すぐに堆肥にしてしまうのは

処理をするにも、環境にとっても大変な事です。



そのために牧場内にある『敷料リサイクル施設』
a0164408_15292032.jpg

a0164408_1531495.jpg


湿った敷わらを撹拌(かくはん)し、発酵させてポカポカ、ほわほわにしてから

もう一度敷料として使う。。『リサイクル』



小豆がらはこのポカポカ、ほわほわの

『発酵促進剤』として利用するのです。


発酵が良いと、白いけむりがもくもくと出てくるんですよ。
a0164408_15423929.jpg







畑作農家の方は、たいてい小豆の収穫が終わると

このカラを燃やして処分するしかないようですが、

燃やす手間をかけるならば、oakleafで巻き、持ち出してくれると助かるよ!



そう言って下さるみなさん。


これも環境にやさしいリサイクル。ですね。







本当はロールベーラーからロールが生まれてくる瞬間を

カメラで『ぱちり』

したかったのですが、畑がちょっ遠かったり、

巻き巻きの最終日が週末で、ワタクシのほほ~んと、お休みもらっていたり。

タイミング悪っっ。。


以前暗がりに撮ったの、ちなみにコレです。
a0164408_15515013.jpg

目を凝らすと、ベーラーの後ろにロールが。。

………わかんない。。。


いいカメラと、高速で通信できるネット環境が欲しい!


あとはやっぱりタイミング!


これが課題だな。。
[PR]
by oakleaf-blog | 2012-10-24 14:37 | 牧場のようす