北海道 十勝・芽室町の牧場-オークリーフ ブログ

oakblog.exblog.jp

ご報告を♪

十勝晴れが続くこの頃。
今年の十勝は雪が少ない…と思っていたら
岩見沢では積雪が観測史上最深の大雪とのこと。
お見舞い申し上げます。


十勝では相変わらずの厳しい寒さが続く中、
暖かい…いや暑い国で、熱いお話を伺いに、
また、3月に行われるイベントの詳細打ち合わせににシンガポールに行ってきました。

今日はちょっとそのお話を。


十勝の農畜産物をアジアへ。

このコンセプトの元、動き出したある団体に所属されている方にお誘いいただき
第1弾として12月。
第2弾でこの14日からオークリーフでそれぞれの者が行ってきました。



おおよそ東京23区とほぼ同じ広さの国シンガポール。

現地でご活躍されている方に
シンガポール独立の歴史と関わったリーダーのお話を伺いました。


特別な想いで作られた国。
そんな想いでも、食料供給の大半は周辺国をはじめとする輸入に依存しているようです。

北海道十勝で当たり前の『見渡す限りの農地』はシンガポールにはほとんどなく、
食料自給率は1割未満といわれているようです。

食料自給率200%程といわれている北海道の豊富な食材をシンガポールの方にも!




農畜産物の輸出入に賛否両論、様々あるかと思いますが
これからの農業には決して欠かせない課題なのかも…と。

多くの方に、十勝のおいしい食材を提供し、食べていただくことには
国境はないと感じた時でもありました。





雨季といわれる11月から2月。
その雨季真っ只中の1月でも最高気温が28℃以上に。

対照的にその温度にマイナスが付く真冬の北海道。
寒いのはちょっと…身体に堪えますよね…。

でも!!四季があることで、その時その時のおいしい食が生まれる北海道。
北海道の良さもこうして遠くから見て、そして感じることができたような気がします。


今後の農業に係る問題点は多くありますが
食の大切さ、食と関われる喜びも感じた数日でした。


心も身体も大きくなり?!
厳寒の芽室町で。これから春・夏・秋とやってくるこの芽室町で。
色んなこと、発信していきたいですね。。。




ちょっっぴり仕事を忘れた時間もありました。
こんなステキな景色の見えるところに2泊させていただきましたし…。。。
…ありがとうございました。

a0164408_12533847.jpg


a0164408_1313994.jpg
[PR]
by oakleaf-blog | 2012-01-20 12:00 | その他